パソコン、よくあるトラブル問題

仕事でも個人でも一番多くなってきた案件は
ウィルスやスパイウェアや通信設定、ポート問題などのネット関連の問題から
パソコン本体に関係する機体的な問題など多彩になっております。
そんな中から、よくあるトラブルなどを紹介していきたいと思います。

まず、「ウィルス・スパイウェア関連のトラブル」
これが一番ですね。
今は少なくなったと思いますが、少し前までセキュリティ対策を全く行なっていないユーザーさんと言うのが結構居まして。
セキュリティを行わない理由に、そんなに重要じゃない。フリーの対策ソフトを使っている。そもそもセキュリティ対策って何?。そんな話も聞くことができます。

また、セキュリティソフトを使っているが設定が間違えているとか、Winのファイヤーウォールを起動しているのに、セキュリティソフトのファイヤーウォールを動かして無意味な2重プロテクトを行ったりと
そんな感じで、パソコンが重いなどの依頼も多いですね。

もし、セキュリティ設定に不安がございましたら、現在無料診断を行なっておりますので、ぜひお試しください。

続けて多いのが先程もありました「パソコンの動作が重い」と言う依頼です。
はっきり言いますと「これは一番難しい依頼」だったりするんですよね。
何故、一番難しいかと言いますとオーナーさんの感覚なのですよね、
実際に機械的な増設(メモリ追加などのパソコン本体の増設)を行いますと目に見えて早くなったりしますが。
オーナーさんがその早くなった速度を使っていく内に「普通」と感じる時が必ず来ます。そんな感じで間違われることもありますが、

一番多い遅くなる原因は…

ハードディスクの未整理や最大容量ギリギリだったり、Webのキャッシュ処理を行なっていない、さっきも話題にありましたファイヤーウォールの2重張りなどでしょうか?

まず、ハードディスク関連で遅くなる案件ですが、基本的にOSデータはCドライブ(以降メインドライブ)に保存されていることが多いです。
このOSデータはパソコン本体を動かすのに重要なソフトなのですが、メインドライブがイッパイイッパイだと、OSデータの動きも悪くなり、最悪の場合ドライブ自体がお亡くなりになる可能性がありますので。
OSデータが入っているドライブ以外にHDDがあるのでしたら、そちらをデータ用のドライブとしてメインドライブは極力容量を使わないようにして使っていただけたらHDD関連で遅くなることは少なくなると思います。
Cドライブ以外ない場合は、増設したり(メーカー製の場合やミニ・スリムタワーPC・ノートPCの場合は増設ができない場合もありますので注意)、増設ができない場合は月にバックアップを取る日を決めてメインドライブの空き容量を一定以上行かないようにすると良いと思います。

ただ、OSデータの入っているドライブが古かったり寿命が近い場合はその様な処置をおこなっても早くなることは無かったりしますので注意してください。

また、デフラグを行うことで各種プログラムが早くなることがありますが、デフラグのやり過ぎはハードディスクを痛めることになりますので、2~3月毎に1度ぐらいが普通のユーザーさんは無難だと思います。(ユーザーのHDD使用頻度により変化)
デフラグなどを行う時には、一緒にディスククリーンアップも行ったらいいかもしれませんね。(注)ただ、所要時間は長くなる場合がありますので注意してください。

ただ、一番怖いのはメインドライブ内を整理しようとして必須なプログラムが消されてしまう事があることです。
各種ドライバROMなどがまだ残っている場合はそちらをインストールすることで解決しますがない場合は、最悪その機能などが使えなくなってしまい、使うためには何かを増設って形になる場合が多いです。
ただ、その様な時でもそのパーツのメーカーさんのホームページなどでドライバがダウンロードできる場合もありますので一度覗くのも良いかもしれませんね。

ただ、よくある案件だとよくDLされるドライバも決まってきます。
そこで注意してもらいたいのがその製品名+ドライバで検索した場合、そこに悪意のあるプログラムを潜ませる愉快犯的な方も居ますので、ダウンロードする際には注意してください。

あとは増設問題でしょうか?
CPUやマザーボード、メモリ、グラボなどにはそれぞれ相性がありますので、ショップの店員さんや当社の様な会社にお任せいただければ相性問題も解決し見事に性能アップさせたいと思います。

その様な感じで当社では年中無休24時間サポート体制で千歳市を起点に周辺の市町村などのパソコンメンテナンスを行なっておりますので、もしパソコンの事でお困りの事がございましたらお電話ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る