第一回、初心者の為のパソコンパーツ講座

この度、パソオカオリジナルのディスクトップパソコンを発表することになったのですが、
いつも通りの編成パーツを一覧に並べたのですが。

「初心者には解り難いのでは?」と言う意見がありまして、私のほうで色々と工面してみたのですが。
表記変える事無く、皆様に理解していただけたらなと思い。

簡単にではありますが、パーツの名前や役目、その種類などをサッカーなどに例え紹介したいと思います。
皆様がパソコンを購入する際、パーツ選択などの時の参考になれたらなと思います。

まず、第一回目の題材はパソコンの心臓部「CPU」を紹介したいと思います。

CPU編
TVなどでインテル社のCMをご覧になり「CPU」なら知っていると言う方も少ないと思います。
正式には「Central Processing Unit」和名で「中央演算処理装置」と言いまして
プログラムによって組まれた数値計算、情報処理、機器制御などを担うパーツで
制御部が命令の解釈とプログラムの制御の流れを制御し、演算部が演算を実行する物になります。

簡単に言うと「人間に例えるとしたら脳」でしょうか?
じゃあ、CPUが良かったり悪かったりしたらどうなるか?
先ほど2部に分けた「制御部」と「演算部」に分けて説明をします。

「制御部」はその名の通り「命令」や「プログラム」などを制御するところです。
言うなれば「指揮官」や「監督」でしょうかね?
その能力が高ければ、実行している「命令」や「プログラム」が問題無く、迅速に実行することが出来る。
低ければ、実行している「命令」や「プログラムに」遅延が発生したり、予期もしないエラーが出たりするかもしれません。

まあ、現在販売されているCPUにかぎって「エラー」を起こすもの無いと思いますが。
昔はフリーズ(画面が固定化して動かなくなる)とか色々あったものです。(注1)

次に「演算部」ですが
ここもその名の通り、演算する部署って事になりますね。
例えるとしたら、買い物に行きまして会計の時「最新式のレジ」と「暗算が得意じゃない人」と言う感じかな?(解りにくい?)
速度差に大きな差が生まれ、安定性(処理能力を上回る計算の場合フリーズの恐れ)などがあげられます。

人に例えると、パニックになり頭が真っ白・・・これがフリーズかしらね?

サッカークラブと言うパソコンでは「監督」であり「GM(ゼネラルマネージャー)」であり
チーム(パソコン)全体を掌握し、滞りなく運営し管理する地位であり仕事です。
ここが力不足だと、どんなに有力な選手(パーツ)が揃っていても勝てないクラブチームになります。

ですので、最重要と言っても間違えは無いでしょうか?

現在、シェア的に「インテル」と「AMD」の2社がメインとなっていますが
実はもっと種類があったりもしますが、家庭用パソコンなどに組み込まれるのはこの2社メインなので
他のCPUメーカーに関しては省略させていただきます。

メーカーとしての差ですが、高性能高価格の「インテル」低価格それなりの「AMD」と言うのが一般的な見方ではありますが。
「AMD」でも高スペックのCPUは取り扱っておりますし、「インテル」でも低価格帯のCPUも取り扱っておりますので
その辺は、購入者の判断次第って所ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る