GeForce GTX 680、最速の座を奪還!!

2012年3月22日、NVIDIA社はDirectX 11.1とPCI Express 3.0に対応した新型グラフィックスチップ「GeForce GTX 680」を発表しました。

こちらのグラフィックボードはディスクトップ向け(ノートには入らないしね)の単体チップとしては最上級のグレードとなり、当サイトでもご紹介しました「GTX580」の後継モデルだそうです。

今回の「GeForce GTX 680」は電力当たりの性能を高めるために設計を一新したみたいで。
「GeForce GTX 580」では32個のCUDAコア(シェーダー)を束ね「SM(Streaming Multiprocessors)」の方式を使っていましたが、
「GeForce GTX 680」は192個に束ねた「SMX(Next Generation SM)」にし、そのSMXを2個搭載し「GPC(Graphics Processing Clusters)」を4セット搭載し、トータルでCDUAコアは全体で1536個となり「GeForce GTX 580」の3倍となりました。

また、「GeForce GTX 680」は772MHz、シェーダー部分は1.544GHzで動作していましたが。
「GeForce GTX 680」は動作周波数wp「ベースクロック」とし、仕様上は1.006GHzに一本化をはかり、メモリーのチャンネル数の削減やバス幅が384ビットから384ビットとなりました。
これにより、メモリーの転送レートが引き上げられ速度を維持しつつ、
テクスチャーユニットやキャッシュなどの各ユニットの数や帯域幅を調整しました。

こちらに関しては、およそ5~6万ぐらいで販売されるようなので、気になる方は是非チャックしてくださいね。

詳しい「GeForce GTX 580」と「GeForce GTX 680」の性能比は下記の表を参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る