Adobe,ReaderとAcrobatに深刻な脆弱性

アメリカのAdobeSystemsはReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを4月10日に公開することを予告しました。
とくにWindows版は極めて深刻な脆弱性らしいです。

アップデートの対象となるのは、Adobe Reader及びAcrobatX(10.1.2)10.x/9.5/9.xまでの各バージョン(Win、Mac共に)と
Reader9.4.6/9.xまでのバージョン(Linux向け)
となっております。

アップデートの優先度はWindows版のReader及びAcribat9.5/9.xまでのバージョンが3段階で最も高いレベルの「1」となっており
脆弱性をついた攻撃が発生する可能性が極めて高くAdobe社も注意を促しております。

また、バージョンx(10.1.2)/10.xとMac及びにLinux版は、一段階優先度が低い「2」になっており、今は攻撃の発生などは確認されていませんが、
注意は必要なようです。

皆さんも気を付けてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る