東芝、5万円台からのノートPC「dynabook」直販春モデル……地デジ搭載も

ダイナブックで有名な東芝が、新社会人向けの低コストノートパソコンを発表しました。
Web限定なのですが、3機種14モデルと大幅なラインナップ変更となります。

こちらの機種のデビュー次期なのですが、4月下旬となるようです。

ラインアップと直販サイト価格として、15.6型液晶スタンダードAVノートPC「dynabook Satellite T551」(ベルベッティホワイト「dynabook Satellite T551/WTCEW」/ベルベッティブラック「dynabook Satellite T551/WTCEB」)は105,800円で、同Microsoft Office Home and Business 2010 SP1付きが130,800円。

 15.6型液晶スタンダードノートPC「dynabook Satellite B351」のCore i5搭載「dynabook Satellite B351/W2ME」は89,800円で、同Microsoft Office Home and Business 2010 SP1付きが114,800円、同Microsoft Office Personal 2010 SP1付きが109,800円。

 Core i3搭載「dynabook Satellite B351/W2JE」は81,800円で、同Microsoft Office Home and Business 2010 SP1付きが106,800円、同Microsoft Office Personal 2010 SP1付きが101,800円。

 Celeron搭載「dynabook Satellite B351/W2CE」は59,800円で、同Microsoft Office Home and Business 2010 SP1付きが84,800円、同Microsoft Office Personal 2010 SP1付きが79,800円。

 14型液晶スタンダードノートPC「dynabook Satellite B241」のCeleron搭載「dynabook Satellite B241/W2CE」は56,800円で、同Microsoft Office Home and Business 2010 SP1付きが81,800円、同Microsoft Office Personal 2010 SP1付きが76,800円。

東芝ダイレクト

台数が多いので2個に分けて紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る