アドビ、フォトショップCS6のパブリックβ版をリリース

アドビシステムズは本日3月22日、画像編集ソフト「Adobe Photoshop」の最新となる
「Photoshop CS6」のパブリックβ版を公開しました。

もちろん、β版ですので無料なのですがインストールから60日間動かせる感じなのでフリーソフトってわけではないですよ^^;

また、2012年5月31日から、日本語に対応したベータ版を公開するようです。

今回のCS6は、ぼかしや照明効果などのフィルタを追加したり、切り抜きツールや色調補正機能、3D機能を強化したそうです。
ただ、私も3Dグラフィックをやっているのですが今更感ですよね^^;
六角やメタセコに慣れちゃったし、今更新しいソフトを使おうって思わなかったりしますね。

この他に、RAWファイル現像用のプラグイン「Adobe Photoshop Camera Raw 7」を搭載するようで
多彩なブラッシュアップが施されています。

対応OSはWindows版はWindows7/XP(SP3、3D機能など一部サポートしない機能がある)
これは7~XPまでって事ですよね?
不遇な子Vistaちゃんは不対応なんて事は無いですよね?アドビさん

MacOS版はMac OS版がMac OS X 10.6.8または10.7(OS X Lion)となるようです。

また、β版らしくツイッターで「以前のバージョンより良くなった点やお気に入りの点」などをつぶやくと
(詳細は細かい条件がありますので自分で調べてくださいね)
抽選で6名に「Photoshop CS6」の製品版がプレゼントされるようです。

これって、つまりダメな点などをつぶやいても評価には繋がらないってことかな?
それじゃあ、βテストの意味無いじゃん!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る