日本人は個人情報のが甘いらしい…

大手セキュリティーソフトメーカー「Symantec」社が今年度2月に行った調査の結果が出たみたいです。
調査の内容なのですが「日本と中国、シンガポール、インド、オーストラリアの18から64歳までのインターネット利用者を対象に、オンラインアンケートを行った。」
各国の調査結果を公平にする為、各国とも5,000人としたようです。

まず、1日のネット利用時間
日本が平均7時間ともっとも短かったらしいです。
多かった順に、シンガポール9時間、インド8.5時間、以下不明

利用目的の上位はメール、金銭のやり取り、Webの閲覧などが上位を占めたようです。

特徴的なのは、日本の利用目的SNSやゲームの利用が、インドや中国に比べ半分程度となったようです。

で、問題の部分です!
アンケートで「個人情報の管理」について質問した項目では
76%と各国より段違いに高かったのですが。

個人情報に対する取り組みでは、27%何もバックアップを取っていないと答えたようです。

俗に言う「矛盾」ってやつですね^^;

なぜ、この様な矛盾が発生するのか?
セキュリティーやパソコンについての知識不足みたいですね。
各社のセキュリティーソフトの違いが理解出来ないって方も多いみたいですし、
セキュリティーも「ウィルス対策」だけで十分と考えている方が26%も居るようです。

これを機に、皆さんもセキュリティーやパソコンについて少し学んで見ませんか?

マカフィー・ストア

ソースネクスト スーパーセキュリティZERO

シマンテックストア

無料ウイルス対策ソフト

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パソオカPC情報

ページ上部へ戻る